スタッフブログ

2013年4月 4日 木曜日

世界初!!



こんにちは!

国内のおもしろい旅、略して「オモタビ」を提供しているEPIトラベルです。



みなさん!! 昨日、世界初の業界騒然のニュースをご覧になりましたか?eye
ご覧なってない方にいま一度!!
tv



(CNN提供) 南太平洋の島国サモアの小さな航空会社が乗客の体重によって運賃を決める方式を採用したことが3日までに分かった。「航空運賃の公平性を期す」というのが導入の理由。体重別の運賃体系を定めた航空会社は世界で初めてだという。

この運賃体系はサモア航空が昨年11月から導入している。クリス・ラングトン最高経営責任者(CEO)は「すべての乗客が同じ体形ではないことを考慮しなければならない」と話す。

同航空はウェブサイトにも「運賃は体重と荷物によって決まります」と明記。ネットで予約する場合はおおよその体重と荷物の重さを入力し、その数値に基づいて運賃を前払いする。空港では改めて、体重と荷物の重さが測定される。

サモア航空が運航しているのは、客席数10席の2便と4席の1便の計3便のみ。現在はサモアと米領サモア、トンガ、ニウエや周辺の島国を結ぶ便を運航している。

ラングトン氏によると、年内にはエアバスA320―200型機を導入し、オーストラリア、ニュージーランド、フィジーなどへの国際便にも進出する予定だが、体重別運賃はこうした便にも適用する方針だという。

「業界はすべてを無理やり1つの型に当てはめようとして、多くの人が空の旅で不快な思いをしていることを考慮してこなかった」とラングトン氏は言う。子どもがいる場合、座席ごとの運賃よりも体重別運賃の方が安く上がることもあるため、この運賃体系は家族連れには歓迎されているという。

体重別の航空運賃をめぐっては、ノルウェーの経済学者が導入を推奨する論文を発表する一方で、乗客に「肥満税」を課すものだとして批判する声もある。

米国では一部の大手航空会社が、1つの座席に収まり切らない乗客に対し、2座席分の運賃を請求する制度を導入している。


どうでしたか?
賛否両論あるとは思いますが、ここまで『燃油サーチャージ』が高いと
一律というのも。。。bearing

個人的には'超過料金'にならない様、日頃から摂生を心がけます。。。coldsweats01



国内のユニークツアーや変わり種ツアーをお探しならEPIトラベルまで。

投稿者 イー・ピー・アイ・トラベル

おもタビメニュー
アクセス

03(5822)5240
月~金 09:30~18:00 (日・祝祭日はお休み)

お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2016/01/29

第20回 大人の遠足♪
 ペイントボールツアー


次回の開催日が
2016年3月6日(日)となりました。

ツアーの詳細は
こちらをクリック

2015/09/18

新ツアー
発表!!!



東京ぶらーり♪
散歩磯沼牧場(八王子)
訪問見学ツアー!!



東京にある牧場で、牛たちに
会い、極上のヨーグルトを
味わいましょう。

詳細はこちらをクリック 

2015/09/10

新ツアー
発表!!!


つくばで古民家ランチと

最先端ロボット技術見学ツアー!

詳細は、こちらをクリック

2015/08/11

新ツアー
発表!!!



東京駅発着! 房総半島

貸切バスで日帰り満喫の旅♪

詳細は、こちらをクリック

2015/07/13

●第18回 大人の遠足♪
 ペイントボールツアー●


次回の開催日が
2015年9月6日(日)となりました。

ツアーの詳細は
こちらをクリック♪